ラグビーとアメフトの違いとは?ルールについても解説!

子供の頃から違いがよくわからなかったスポーツに、「ラグビー」と「アメフト」があります。

 

まずは特徴的な、あの楕円形のボールを使い、猛烈なタックルをかますスポーツということで、一緒のスポーツじゃないかと思ってきました。

しかし、最近呼んだ「アイシールド21」という漫画をきっかけに、何が違うのか調べてみましたが、ルールなど思ったよりも全然違うようです。

というわけで、今回は「ラグビー」と「アメフト」の違いについて解説したいと思います!

スポンサードリンク

ラグビーとは?

ラグビーの発祥地はイギリスです。

正式名称は「ラグビーフットボール(Rugby football)」と言います。

ラグビーは、7人制、10人制、13人制、15人制がありますが、日本では一般的に「15人制」を指します。

ラグビーの試合時間は、前半後半を各40分で、計80分で戦います。

また、ラグビーはルールを知らない人には見ていても難しいです。

523787

ラグビーのルール

ラグビーが前にパスしてはいけないというのは聞いたことがあるのですが、さらに細かいルールがラグビーにはあります。

  • ボールを前に投げてはいけない
  • ボールを前に落としてもいけない
  • ボールを前に蹴ってもいいが、獲るのは蹴った人よりも後ろの人
  • 人が密集して、ボールが出てこなければ中断

大前提として、ボールを持っている人より前の人は、ボールに触れてはいけません。

ラグビーの得点について

ラグビーはトライやキックで点数が入るのはわかるのですが、何をすれば何点なのかよくわかりません。

ということで、まとめてみました。

  • トライ…5点(敵地のインゴールというスペースにボールを着地させる)
  • ペナルティトライ…5点(トライが確実という所を、相手が反則して止めた場合、トライと認められる)
  • コンバーションゴール…2点(トライの後にゴールキックを成功させる)
  • ペナルティゴール…3点(相手チームの反則の後に、ゴールキックを成功させる)
  • ドロップゴール…3点(プレイ中にボールが落ちて、そのボールを蹴ってしてゴールキックを成功させる)

とりあえず、得点パターンと基本的なルールがわかると、ラグビー観戦は楽しめそうです。

スポンサードリンク

アメフトとは?

アメフトは、イギリスから渡ってきたラグビーを、アメリカルールに変更したものです。

正式名称は、アメリカンフットボール(Amelican football」と言います。

アメフトは11人で戦うスポーツです。

アメフトの試合時間は、1クォーター15分を前半・後半で2回ずつの合計4クォーターを戦います。

アメフトのルール

アメフトは、オフェンスとディフェンスが分かれており、また1回のプレイで試合が一旦止まります。

1回のプレイで試合が止まることを「ダウン」と言い、

  • ボールを持った選手がフィールド内で相手チームに止められる
  • パスを失敗する
  • 得点が入る

などになります。(審判が判断する)

また、オフェンスは4回の攻撃で10ヤード進まないと、その位置で攻守交代です。

10ヤード進むと、さらに4回の攻撃が出来ます。

そうやって、陣地を押し広げるように前に進み、得点を狙います。

gatag-00004792

アメフトの得点について

アメフトもラグビー同様、トライやキックで得点を重ねますが、点数も名称も違います。

またアメフトは、ラグビーと違ってボールを前にパス出来るのもポイントです。

  • タッチダウン…6点(ラグビーのトライのようですが、アメフトは前にパスできるので、パスを受けてエンドゾーンにタッチ出来てもよい)
  • フィールドゴール…3点(ラグビーのゴールキックです。)
  • エキストラポイント…2点もしくは1点(ラグビーのコンバーションゴールに似ており、キックは1点ですが、アメフトはトライしてもよくて、その場合は2点です。)
  • セーフティ…2点(ディフェンスが貰える得点で、オフェンス側のエンドゾーンでディフェンスがオフェンスを止めてしまうと貰える点です。オフェンスはかなり屈辱的ですね。)

ラグビーと得点の入り方は、似ている部分もありますが結構違いますね。

ラグビーとアメフトの違いとは?

ラグビーとアメフトは一緒と思っていましたが、随分違うスポーツと言えそうです。

まず、ラグビーは前にボールをパスできないですが、アメフトは出来ますし、またアメフトの4回攻撃というのも、ラグビーと大きく違う点です。

アメフトは、「ラグビー+野球」というようなイメージですね。

また、今までテレビでラグビーかアメフトがやっていても、「どっちなんだろう?」と、思っていましたが、じつは、見た目が大きく違って、ラグビーは、アメフトのようにヘルメットやプロテクターを付けません。

ラグビーとアメフトの違いって、一目瞭然だったんですね。

最後に

如何でしたでしょうか?

ラグビーとアメフトの違いですが、こうやってルールや得点方法などを読み進めていると、思いのほか違うスポーツなんだなということがわかりました。

個人的に、ラグビーとアメフトのどちらが好きかというと、アメフトの方が面白そうな気がします。

攻守がはっきりと分かれているので、「攻めろー!守れー!」というのがわかりやすい。

アメリカで人気ナンバーワンのスポーツというのもわかります。

ただ、基本的にスポーツはやって楽しみたいですけど、ラグビーとアメフトは観戦で楽しみたいです。

スポンサードリンク

違い

Posted by Qoo


PAGE TOP