マムシとアオダイショウの見分け方!さらに知っておきたい蛇も紹介

先日、車を運転していると道路に何か「ヒモのようなものが落ちているな」と、ゆっくり走っていました。

 

近づいてみる「蛇」で、ニョロニュロ動いて逃げて行きましたが、あの模様はおそらく「アオダイショウ」でしょう。

「アオダイショウ」と言えば、日本で最も多く生息している蛇として有名ですが、それよりも有名な蛇と言えば「マムシ」ですね。

蛇に遭遇した時に「こいつはどっち?」と慌てないように、見分け方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 

「アオダイショウ」とは?

アオダイショウは、北海道から鹿児島まで日本のどこにでも生息している、最もよく見かける蛇です。

大きさは1~2メートルと大型ですが、毒は持っていません。

2016-07-04_21h53_32

引用元:ウィキペディア

中学生の時に、道いっぱいに広がってい寝ていたアオダイショウ(1.5m級)を気付かずに自転車で轢いたのがトラウマになっています。

 

c0237233_1129285

引用元:世界ふれあい街歩き、ときどき自転車

「猫vsアオダイショウ」

 

「マムシ」とは?

ご存知だと思いますが、噛まれると最悪の場合死ぬ事もあると言われる毒蛇です。

gloydius_blomhoffii1

引用元:ウィキペディア

 

悪そうな模様ですね。

そして、ちょっと山道になると気軽に出てくる「マムシ注意」の看板。

2016-07-04_21h24_18

その下で、くつろぐマムシ!

そして、「猫vsマムシ」!

2016-07-04_22h03_19

引用元:九州の案山子 隠し部屋

アオダイショウの時とは違い、猫の戦う姿勢にも緊張感が走ります!

スポンサードリンク

 

「アオダイショウ」と「マムシ」の見分け方

では本題の見分け方についてですが、先の写真を見くらべると随分と色や模様が違うように見えますが、蛇は個体によって色も模様も違うようで、あまり見分ける基準にはなりません。

よく言われるのは「アオダイショウの幼体」と「マムシ」の模様は似ているということです。

2016-07-04_22h16_48

引用元:房総ログハウス暮らし

色も模様もマムシに似ていますね。

先ほどの画像と見比べると、

gloydius_blomhoffii1

引用元:ウィキペディア

マムシの方が太いですし、模様もはっきりしていますが、果たして初見で見分けられるかどうか不安です。

他に何かわかりやすい特徴はというと「顔」です。

 

マムシの顔は鼻先が尖った三角形になっていますが、アオダイショウは少し丸みがあります。

さらに、マムシの目はキレているのに対して、アオダイショウは丸いですね。

なんなら、ちょっとアオダイショウの目はカワイイくらいです。

一旦まとめると

  • マムシの方が体が太い
  • マムシの模様ははっきりとしている
  • マムシの顔は三角形

となっていますので、遭遇した時は気をつけて下さい。

 

さらに日本で気をつけなければいけない蛇は?

沖縄のハブは有名ですが、日本の本土でマムシの他に気をつけるような毒蛇はいるのでしょうか?

実は、います。

日本の本土には蛇は8種類生息していますが、そのうち毒を持っている蛇は2種類。

それは「マムシ」と「ヤマカガシ」という蛇です。

 

ヤマガカシとは?

北海道と沖縄を除く日本のどこにでもいる毒蛇です。

2016-07-04_22h38_13

引用元:Japanese Snakes

マムシほど攻撃的では無いので、こちらから捕まえようとしたりしなければ攻撃される事はあまりありません。

しかし、持っている毒は強く、なんとハブの10倍・マムシの3倍の毒性があります。

2016-07-04_22h45_09

引用元:まるそんフォト日記

「猫vsヤマカガシ」の写真もありました!

 

「ヤマカガシ」の見分け方

ヤマカガシの見分け方は、やはり「体の赤い斑紋部分」でしょう。

顔は「マムシ」のように尖っているような感じではなく、少し丸みがあるのでアオダイショウの方に似ている気がします。

こうなってくると、ヘビ見たらむやみに触らないというのが、最も安全ですね。

「君子危うきに近寄らず」

 

最後に

如何でしたでしょうか?

私自身、この記事を書きながら「身近に蛇っているものだな」と改めて考えさせられました。

あと「猫って意外と蛇と戦っているんだな」と思いました(笑)

しかし「猫vs蛇」の場合、必ずしも猫が勝つというわけではないようですから、飼い猫がマムシやヤマカガシと戦い出したら、出来れば止めさせた方がよさそうです。

というわけで、私はこれからも変わらず、蛇を見かけても近づかない方向で生きていきたいと思いました。

 

スポンサードリンク

 


PAGE TOP